ニキビ予防の基本は洗顔

ニキビに対する全ての基本は洗顔

ニキビ予防・対策の基本は毎日の洗顔です。過剰な皮脂の分泌や、角質が厚くなり毛穴が詰まることでニキビが発生します。洗顔は皮脂を洗い流し、厚くなった余分な角質を取り除きます。ニキビには欠かせないスキンケアです。
 ただ、洗顔は簡単なようで間違った洗顔をしている人も多く見かけます。間違った洗顔は、逆にニキビを誘発したり、悪化させたりする恐れがあります。正しい洗顔の知識を身につけ行うことが大事です。

男の正しい洗顔

洗顔前の準備

汚れやバイ菌がついた手で顔を触ることはもちろん厳禁ですし、手に脂が残っていると洗顔料がきちんと泡立ちません。洗顔の前に手を清潔にしておくことが大事です。

下洗い

 まずはぬるま湯で下洗いをします。オイリー肌の人は34~38度位のぬるま湯で洗います。乾燥肌の大人のニキビのケースでは更にぬるめの30~34度で洗います。お湯の温度はぬる過ぎると皮脂や汚れが落ちづらいく、 熱すぎると肌の潤いを失ってお肌が乾燥してしまうので、お湯の温度は重要です。
 この下洗いで7割の汚れは落ちると言われています。肌が乾燥していたり、ニキビで弱っている場合は洗顔料は使わずにお湯だけで洗うのもいいでしょう。

洗顔料の泡立て

 洗顔料はクリーム状の泡になるようによく泡立てます。よく泡立てることによりキメが細かくなり、毛穴の奥まで泡が入り込み汚れや皮脂を落とします。また、顔への摩擦も小さくなり肌に負担がかかりませんし、すすぎもラクになります。
 泡立ては手を窪ませて空気を入れるようします。男性の場合この泡立てが苦手な人が多いようです。そんな男性は専用の泡立てネットが便利です。

正しい洗顔

 皮脂が多い、額や鼻のTゾーン、こめかみをしっかり洗います。首やあごも忘れずに。男性は力任せに洗いがちですが、ゴシゴシと擦らず、手と顔の間に泡を挟み顔に触れないように優しく洗います。くれぐれも強く洗うのは厳禁です。

洗顔のすすぎ

 肌に洗顔料が残っているとその残りが毛穴に溜まり、肌荒れを起こし新たなニキビの原因になります。念入りにすすぎましょう。すすぎは洗顔の倍の時間を使った方が良いとも言われます。すすぎもゴシゴシと擦らず、お湯をバシャバシャ顔にかけるようにすすぎます。

洗顔後の拭き方

 清潔なタオルで軽く押さえる感じで水を拭き取ります。 しつこいようですが、ここでもゴシゴシと擦るのは厳禁です。

ニキビ予防の基本は洗顔関連ページ

 間違った洗顔の仕方
 寝不足・夜更し厳禁!